カテゴリ
Writing

【相手に合わせて3段階】ビジネスメールの最後の言葉・締めのフレーズ

記事画像

 

日本語のメールと同様に、英語のビジネスメールでも、相手との関係性によって使うべき締めの言葉が変化します。本記事では、ビジネスシーンで使える「メールの締めの表現」を紹介します。

 

英文メールを書くたびに毎回検索していませんか?

そんな方には、弊社オンライン英会話ベストティーチャーの通常コースレッスン「ビジネスメールを書こう」がおすすめです。

添削をしてもらいたい英文メールを送ることで英会話講師が24時間英文添削を行います。

ニュアンスやビジネス表現が身につくため、いつも検索していたフレーズや表現を自分の言葉でかけるようになり業務時間の削減になります。

お支払い方法の登録不要で無料体験が可能ですので、検索しないでメールが書けるようになりたい方はまずは無料体験を始めてみてください。

<無料体験レッスンを始めてみる>

あわせて読みたいビジネスメール関連記事

英語のビジネスメールの書き方!返信の催促で使える例文5つ

 

ビジネスメールで締めに使える表現

締めの言葉は本文と自分の名前の間に1行空けて書きましょう。
ビジネスメールではマナーやトーンがとても重要です。
締めの言葉は相手との関係性や、やり取りの回数、メールの内容などで決めましょう。

 

かしこまり度★★★

取引先などへ送るメールの場合

 

    • Yours sincerely,
    • Yours respectfully,
    • Yours faithfully,
    • Respectfully,

 

かしこまり度★★

一般的なビジネスメールの場合

 

  • Faithfully,
  • Sincerely,
  • Best regards,
  • Thank you,
  • With appreciation,
  • With gratitude,
  • With sincere thanks, 

 

 

かしこまり度★
何度かやりとりをしている相手、または社内メールの場合

 

  • Best,
  • Best wishes,
  • Cordially,
  • Regards,
  • Kindest regards,
  • Warm regards,
  • Many thanks,
  • Thanks again,
  • Cheers, (イギリス、オーストラリア),

 

 

日本語の定型表現を使いたい場合は、ビジネスメールの「お世話になります」「よろしくお願いします」を英語で表現するには?を参考にしてください。

 

まとめ

 

ビジネスメールの締めの言葉はおさえられましたか?

 

弊社オンライン英会話のベストティーチャーは、ただ話すだけでなく、「英語を書いて」理解し、その後「話す」レッスンを繰り返し英会話力を向上させることができます。

英文メールの文面を毎回検索して調べながら書いている方にはベストティーチャー通常コースの「ビジネスメールを書こう」というトピックがおすすめです。

 

添削をしてもらいたい英文メールを送ることで英会話講師が24時間英文添削を行います。

ニュアンスやビジネス表現が身につくため、いつも検索していたフレーズや表現を自分の言葉でかけるようになり業務時間の削減になります。

 

お支払い方法の登録不要で無料体験が可能ですので、検索しないでメールが書けるようになりたい方はまずは無料体験を始めてみてください。

<無料体験レッスンを始めてみる>

ビジネスメール
Best Teacher

タグ検索

キーワード検索

twitter
© 2011 Best Teacher Inc.