• Home
  • Writing
  • ビジネスメールの「お世話になります」「よろしくお願いします」を英語で表現するには?
カテゴリ
Writing

ビジネスメールの「お世話になります」「よろしくお願いします」を英語で表現するには?

記事画像

日本では一般的にビジネスメールの冒頭に「お世話になります」、末尾に「よろしくお願いします」と書きますよね。日本のメールでは当たり前のこの表現は海外にもあるのでしょうか?

「お世話になります」という英語表現はある?

お世話になります。
株式会社(会社名)の(名前)です。という表現は日本語では鉄板ですよね。

しかし英語には「お世話になります。」という決まりきった表現はありません!
一般的に英語では最初から要件を書きますが、英文メールの基本の書き方を紹介! 覚えておきたい初めの挨拶文の書き方とは?で紹介しているように、短く挨拶文として書く場合もあります。
それでは、ビジネスメールの場合の使える表現を紹介します。

感謝の気持ちがある場合:

・Thank you for your support.
直訳:いつもサポートありがとうございます。

・Thank you for your interest.
直訳:興味を持っていただき、ありがとうございます。

・Thank you for your assistance. 
直訳:手伝って頂き、ありがとうございます。

・Thank you for your help.

直訳:手伝って頂き、ありがとうございます。

上記はどれもニュアンスは違いますが、日本語の「お世話になっております」という意味にあたります。

「よろしくお願いします」に近しい英語表現とは?

日本では締めの文章で「よろしくお願い致します」や「何卒よろしくお願いします」という表現を使いますよね。

英語にはこのような定型文はなく、状況によって結びの言葉は変化します。

例:

Thank you in advance. 
直訳:前もって感謝を申し上げます。
I am looking forward to working with you.
直訳:あなたと働くのを楽しみにしています。
I appreciate your help.
直訳:手伝っていただき、ありがとうございます。
We ask for your consideration on this matter. 
直訳:この問題について考えていただければ幸いです。

注意するべき点は、英語ではあまり繰り返しの表現を好みません。

悪い例:

Thank you for your help. <お世話になったいます>

<本文>

Thank you in advance. <よろしくお願いします>

Best,

 

上記ではThank youが2回登場するため、どちらかのThank youを省いてください。

今回紹介したフレーズを参考に、シチュエーションによってフレーズを変化させましょう!

ビジネスメール
Best Teacher

タグ検索

© 2011 Best Teacher Inc.