このエントリーをはてなブックマークに追加

Writing(ライティング)レッスンとは 書けないことは話せません! 自分が話したいこと(=自分の英語)を書いて添削してもらうレッスンは大変ですが、最も効果のある学習方法です

トップページ > Writing(ライティング)レッスンとは

オンライン英会話Best Teacherでは、自分が話したいこと(=自分の英語)を英語でまずは書いてみる「Writing(ライティング)レッスン」と、作成した英文を使ってSkypeで会話を実践をする「Skype(スカイプ)レッスン」の2種類のレッスンがあります。Writingレッスンでは、Skypeレッスンの予習として講師と交互に英語でやり取りをすることで会話文を作成します。オンライン英会話スクールの中で唯一、一流の講師陣に英語添削・英文添削・英語日記添削・英文メール添削をしてもらえるため、大好評です。

Writingレッスン紹介動画

1. Writingレッスンについて

1,000以上のレッスンをご用意

自己紹介、趣味、週末の予定、会社紹介、商品説明、英文メール添削、英語日記添削、プレゼンテーションなど様々なレッスンが用意されています。

ビジネス英会話と日常英会話の両方を学べる

通常コースのレッスンは、ビジネス英会話と日常英会話の両方を受講できるため、必要に応じて好きなレッスンを選んで進めることができます。

ビジネス英会話と日常英会話

最大5往復まで可能

Writingレッスンは、擬似会話です。文字ベースで講師と最大5往復の会話を行います。1往復目から5往復目のどこでも会話を終了させることができます。

2. Writingレッスンのルール

まず、レッスンスタート時に書かれてある講師の会話に英文で返信します。

Writingレッスンの返信

返信すると、その返信で終了させるかのノーティフィケーションが出ますので、続けたい場合は「終了せず続ける」、終わりたい場合は「終了する」をクリックします。

Writingレッスンの終了画面

「Send」ボタンを押したあと、およそ30分〜6時間程度で講師からの返信があります(※1)。Writingレッスンとは、レッスン選択から添削返却までを指しますが、同時並行でWritingレッスンを3レッスンまで進められるため、待ち時間に他のレッスンを進めていきましょう。

講師とやりとりを続けるうちに「Dialog」へ会話が記録されていきます。会話は最大5往復やりとりできますが、途中で会話を終了させたくなった場合は、1往復から4往復のいずれかで終了することができます。

Dialog

※1 時間帯によっては、半日から1日程度時間を要することもございます。

講師と時間を合わせずに、隙間時間で進行するレッスンとなります。下記はイメージ図になります。

unsynchronized

3. 添削/弱点分析結果/総評

最後の返信が終了すると、一流の講師陣による添削に入ります。添削の返却は3〜5日ほど要しますが、同時並行でレッスンを進めていれば、添削の返却が途切れずにあります。また、最新の技術を活用した音声録音もなされます。添削が返ってきたら慌ててSkypeレッスンを予約するのではなく、添削された会話文を暗記するぐらいまで復習しましょう。

添削時のルールですが、書いた英文の表現に一部でも誤りがあった場合は書いた英文の下に添削された英文が赤色で記載されます。誤りがなかった場合は、他の言い回しやより自然な表現が緑色で記載されます。なぜそのように添削されたかはSkypeレッスンで講師にご質問ください。Skypeレッスンでは英語で講師に質問することになりますが、事前にどのように質問するかを考えておくのは勉強になります。

また、弱点分析結果として動詞、名詞、スペル、語順などの具体的な項目が表示されます。
さらに、総評としてトークスクリプト全体に対する感想や、添削内容の解説、今後の学習アドバイスが記載されます。

* ベストティーチャーが考える英語の上達方法は、細かいところにこだわらずどんどん英語を使い、通じる英語を身につけていくことです。講師の添削においても、学問としての英語を教えるわけではないためささいな文法的な間違いを減点方式で添削するのではなく、コミュニカティブな英語に添削することを心がけております。

doublecheck

4. 音声ルール

講師の会話文も含め、すべての英文の音声が録音されます。音声を聞きながら、正しい言い回しや発音を身につけましょう。

音声はMP3ファイルとしてダウンロードすることができます。MP3ファイルをiTunesなどに取り込めば、iPodなどで音声を聞くことができます。通勤中・通学中に音声を常に聞きながらシャドーイングをするとベストティーチャーの学習効果が倍増します。

mp3

※添削が届いたあとに「シェアする」ボタンを押せばスクリプトを公開することができます。その場合、ベストティーチャーのWebサイト内の「みんなの英会話」に自分のスクリプトを掲載することができます。自動的にスクリプトが公開されることはありません。

5. 復習ルール

ベストティーチャーは大量にレッスンをすることが英語上達に結びつくという考えで運営されておりません。その考え方に共感される場合は、格安のフィリピン系Skype英会話に入学されることをお勧めします。ベストティーチャーでは、1ヶ月にWritingレッスンは8~10回程度行うことを推奨しています。それ以外の時間は、今までに作った会話文を覚えるぐらい復習してください。

また、音声を聞きながら文章の書き取り(ディクテーション)を行うこともできます。

ディクテーション