カテゴリ
Writing

Dear?Mr?英語でビジネスメールを書くときの宛名の書き方

記事画像

みなさんはビジネスの場で英語のメールを書くことになり、宛名のつけ方で悩んだことはありませんか?
相手の名前がわからなかったり、お客さん相手のメールだったり、様々なシチュエーションがあるでしょう。
今回は英語で宛名を書いたことがない、うまくかけるか不安、という人のために使える英語のビジネスメールの宛名の書き方と敬称のルールを紹介します!

 

英文メールを書くたびに毎回検索していませんか?

弊社オンライン英会話ベストティーチャーの通常コースレッスン「ビジネスメールを書こう」がおすすめです。

添削をしてもらいたい英文メールを送ることで英会話講師が24時間英文添削を行います。

ニュアンスやビジネス表現が身につくため、いつも検索していたフレーズや表現を自分の言葉でかけるようになり業務時間の削減になります。

お支払い方法の登録不要で無料体験が可能ですので、検索しないでメールが書けるようになりたい方はまずは無料体験を始めてみてください。

<無料体験レッスンを始めてみる>

 

 

日本語の頭語にあたる部分の一般的な使い方

頭語は日本語では「拝啓」「前略」と決まっているように、英語のビジネスメールも決まった形式があります。

  

・日本語のビジネスメール

 ◯◯カンパニー
営業部
◯◯様

 

・ 英語のビジネスメール

Dear ◯◯,

 

上記を見て、拍子抜けをした人もいるかもしれません。
英語のメールはビジネスメールにしても、友達宛にしても、なるべく個人名を使うことが好ましいとされます。
どうしても名前などがわからないときは部署、部署がわからないときは会社名を書きましょう。
以下がDear ◯◯,に入るべき言葉の優先順位です。

 

1. 担当者個人名
2. 部署
3. 会社名

 

担当者が不明なときの正しい頭語の書き方は?

それでは相手の名前がわからない場合はどう書くのでしょうか。

 

相手の部署や役職が分かっている場合:
Dear 部署/役職, 
例:Dear Sales Manager,
部署/役職の例:
・Chief Executive Officer 最高責任者
・Chief Operating Officer 最高業務執行責任者
・Chief Financial Officer 財務担当責任者
・Executive Director 専務取締役
・Sales Manager 営業部長
・Director of HR 人事部長
・Customer Service カスタマーサービス

 

担当者が不明な場合:
Dear Sir or Madam,
To whom it may concern,

お客様に送る場合:
Dear Customer,

 

複数人のときの正しい頭語の書き方は?

相手の名前はわかるけど、複数人のときはどう書くのでしょうか。

 

複数の知らない人に送る場合:
Dear all, 
Hi everyone,

 

複数の名前が分かる人に送る場合:
2人の時:Dear 名前 and 名前,
例:Dear Bart and Marge,

3人の時:Dear 名前, 名前 and 名前,
例:Dear Bart, Marge and Homer,

夫婦に宛てた場合:Dear Mr. and Mrs. 姓,
例:Dear Mr. and Mrs. Simpsons,

 

お客様に送る場合:
Dear Customer,

 

コピペでOK!間柄や状況別の頭語の記載の仕方を紹介

メール宛名

 

頭語のあとにコンマ (,) かコロン (:) を入れることは共通ですが、頭語は相手との距離感によって変化します。

取引先や上司、お客さんの場合:「Dear + 敬称 (Mr., Ms., Mrs., Miss.) + 姓 (Last Name)」

まずMr., Mrs., Ms.のおさらいをしましょう。

・Mr. 既婚、未婚関係なく男性全般
・Ms. 既婚、未婚関係なく女性全般
・Mrs. 既婚女性
・Miss. 未婚女性
※アメリカでは最近は女性はMs.に統一されています。

 

名前の書き方は、日本語だと相手の姓だけではなく、下の名前も書く人も多いでしょう。しかし英語のメールでは敬称のあとに相手の名前を書くのは一般的ではありません。

例:Simpson (姓) Homer (名前)
◯   Dear Mr. Simpson,
△   Dear Mr. Simpson Homer,
×    Dear Mr. Homer,

 

ある程度親しい相手の場合:「Dear + 名前 (First Name)」

ビジネスメールでも、付き合いが長く、ある程度親しい間柄の人であれば敬称 (Mr., Ms, Mrs.)は抜かしましょう。英語では姓を敬称なしで使うことはありませんので、ここでは名前 (First Name)を使ってください。

例:Simpson (姓) Homer (名前)
◯   Dear Homer,
×    Dear Simpson Homer,
×    Dear Simpson,

 

親しい部下や同僚の場合:「Hello + 名前 (First Name) / Hi + 名前 (First Name) / 名前 (First Name)」

これはかなりカジュアルな場合です。仲の良い相手に使いましょう。
日本語では姓 (Last Name)での呼びかけは普通ですが、英語では姓 (Last Name) で呼びかけるのはよそよそしいのでやめましょう。

例:Simpson (姓) Homer (名前)
◯   Hi Homer,
◯   Hello Homer,
◯   Homer,
△       Homer Simpson,
×  Hi Homer Simpson,
×  Hello Homer Simpson,
×  Hi Simpson,
×  Hello Simpson,
×  Simpson,

間違えても取引先の相手や上司にこの形式でメールを送らないようにしてください!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
英語の宛名はパターンさえ覚えてしまえばとても簡単です!今回紹介したフレーズと単語をうまく組み合わせて、会社でも一目置かれちゃいましょう!

 

細かいマナーは、書き出しでつまずかない!英文メールの宛名のマナー決定版も参考にしてください。

 

 

また、弊社オンライン英会話のベストティーチャーは、ただ話すだけでなく、「英語を書いて」理解し、その後「話す」レッスンを繰り返し英会話力を向上させることができます。

 

英文メールの文面を毎回検索して調べながら書いている方にはベストティーチャー通常コースの「ビジネスメールを書こう」というトピックがおすすめです。

 

添削をしてもらいたい英文メールを送ることで英会話講師が24時間英文添削を行います。

ニュアンスやビジネス表現が身につくため、いつも検索していたフレーズや表現を自分の言葉でかけるようになり業務時間の削減になります。

 

お支払い方法の登録不要で無料体験が可能ですので、検索しないでメールが書けるようになりたい方はまずは無料体験を始めてみてください。

ビジネスメール
Best Teacher

タグ検索

キーワード検索

twitter
© 2011 Best Teacher Inc.