カテゴリ
How to learn

社会人から始める英語の勉強方法!よくある3つの悩みと勉強のコツ5つ

記事画像

社会人になってから、英語の勉強を始めてみようかな?と検討する方も多いようです。中には学生時代に挫折してしまったけど、もう一度挑戦する!と決心した方、なんとなく独学でやってきたけど、しっかりと基礎から学び直したい!という方などさまざまかと思います。

さて、本記事では社会人が英語を勉強する際に抱える悩みと、何かと忙しい社会人でも効率よく英語を勉強するコツや方法を解説します。

英語学習を始めるのに遅すぎるということはありません。陥りやすいポイントを理解して、効率の良い学習方法を実践していけば、必ず英語力はつきます。思い立ったが吉日!今日から始めていきましょう。

オンライン英会話のベストティーチャー

オンライン英会話のベストティーチャーは話すだけでなく、24時間英文添削レッスンができるオンライン英会話です。

ライティングレッスン、添削、トレーニング、スピーキングの流れで学習することで、初心者の方でも挫折せずに英語力を向上させることができます。

無料体験も可能ですので、ご興味のある方はぜひオンライン英会話ベストティーチャーを覗いてみてください。

<ベストティーチャーの無料体験を確認する>

社会人が英語を勉強する上でのよくあるお悩み

社会人が英語を勉強する上で直面する悩みを紹介します。事前にどんな障害が発生しそうかというポイントを把握しておき、対策を立てておけば英語学習も無理なく継続することができます。

  • 英語の勉強をする時間が取れない
  • モチベーションの維持が難しく挫折する
  • 勉強方法があっているのかが不安

やはり学生時代とは異なる、社会人ならではの悩みを抱えがちです。下記で詳しく解説していきます。

英語の勉強をする時間が取れない

英語を勉強する時間が取れないという悩みは、仕事に家事にと時間に追われている社会人ならではかもしれません。想像してみてください。今送っている日常生活のスケジュールで英語を勉強する時間は取れそうでしょうか。

最初は多くの方が「毎日でも勉強する!」と意気込んで目標を立てますが、実際に自分の理想とする学習スケジュールを実行できる方はほんの僅かです。無理なく継続できるスケジュールを立てることが、結果として勉強時間の確保につながるでしょう。

 

モチベーションの維持が難しく挫折する

なんのために英語を勉強するのかという点が明確になっていない場合は、モチベーションの維持が難しく挫折してしまいます。
また、通学型のスクールには、コンサルタントやコーチがいて学習の進捗を確認しながら色々とアドバイスをくれるので、モチベーションを維持しやすいです。

 

しかし、オンライン型のスクールの場合、基本的には自分で学習計画を立て、進捗を管理する必要があるので、それ自体が面倒になってしまったり、なかなか上達しないとモチベーションの維持は困難になります。自分に合ったスクールを見つけることが重要です。

 

勉強方法があっているのかが不安

誰しもが学生の頃に英語を勉強した経験があると思います。ただそれは試験のための英語学習だったという方がほとんどかと思います。社会人になった今、果たして学生時代と同じ学習方法でいいのか?と不安になりますよね。英語は効率よく話せるようになりたい、でも間違った勉強方法はしたくない...誰もが抱えるよくある悩みの一つです。


既に英語を勉強中でライティングの勉強方法がわからないという方や、これからライティングを勉強する!という方は、英語のライティングの6つの勉強方法を解説!どうしたら上達するの?を読んでみてください。

 

社会人が効率よく英語を勉強する方法とコツ

ここまで、社会人が英語を勉強する上で抱えるよくある悩みついてご紹介してきました。では、どのようにすれば「効率よく」英語を習得できるのか、そのコツと方法について解説します。

  • 通勤時間などスキマ時間に勉強する
  • 明確な目標を立てる
  • 資格試験対策に取り組んでみる
  • 英文メールなどに特化して進めていく
  • オンライン英会話を活用する

それでは、上記のポイントについて詳しく解説していきます。

 

通勤時間などスキマ時間に勉強する

仕事に家事にと何かと忙しい社会人は、学習時間の確保が難しく途中で挫折してしまう人が多いです。そのため、通勤時間などのスキマ時間を利用して勉強すると良いでしょう。通勤時間に学習と言われてもイメージが湧かない!という方も多いと思いますので、例を紹介します。

  • 単語帳を使用して、通勤時間に単語を10個覚える
  • リスニング教材を聞く
  • 英文ニュースを見る / 聞く
  • 英語学習アプリを使用する

実施できそうなものはありましたか?通勤中は書いたり音読したりはできませんが、リスニングしたり黙読するならできますよね。英語学習アプリを使用すれば、クイズ形式や穴埋め問題、ディクテーションなどサービスによってできることは多岐に渡ります。自分にぴったりのサービスを探して通勤時間を有意義に過ごしましょう。

 

明確な目標を立てる

「モチベーションの維持が難しく挫折する」でも記載しましたが、なんのために英語を勉強するのかという点が明確になっていないと、英語学習は継続が困難です。英語を習得するためにも明確な目標を決めましょう。もちろん英語を勉強しようと思っている方の中には「なんとなく英語が話せたらいいなと思って...」という方もいるでしょう。そんな方は小さな目標を立てることをおすすめします。1週間毎の目標を立てるのも良いでしょう。

  • <具体的な目標例>
    3ヶ月後にIELTSでスコア〇〇をとる
    半年後に留学をする (現地での授業や生活についていけるレベルになる)
    1年後に海外で仕事をする (ビジネス英語までマスターする)

 

  • <小さな目標>
    英語で自分の自己紹介を完璧にできるようにする
    基本的な英文メールの型を〇〇までに覚える
    1週間で英単語20個を覚えて、使いこなせるようになる

「目標」と言われると、何か大きなものを設定しなくてはと思いがちですが、最初は小さな目標を設定し、達成したらまた次の目標を設定するというサイクルで全く問題ありません。大切なのは「何のために英語を勉強するのか」というポイントを常に自分の中で意識することです。

 

資格試験対策に取り組んでみる

特に必要に迫られて取得すべき英語資格はないという方も、英語学習の一つとして英語の資格試験に取り組んでみるのもおすすめです。
資格試験はスコアや合否判定で結果が出やすいため、英語を勉強するモチベーションの維持にもなります。さらに、自身の英語力がどの程度アップしたかの指標にもなります。

<資格試験の例>
・IELTS
・TOEFL
・TOEIC (SW / LR)
・英検

IELTSやTOEFLは留学を目指す方にはおすすめですが、特に予定がないという方は「英検」と「TOEIC」に挑戦すると良いでしょう。

英文メールなどに特化して進めていく

言語には「書く」「話す」「読む」「聞く」と4技能があり、もちろん英語も全てをバランス良く鍛えることが大切です。しかし、業務で「英語を話す機会はそんなにないが、メールでのやりとりは発生する」という方もいるでしょう。

 

そんな方は、まずは「英語でメールが書けるようになる」という点に特化して勉強することをお勧めします。

 

英文メールには、基本となる「型」があるので、型さえマスターしてしまえば、後は語彙力や言い回し等の引き出しを増やしていくのみです。そのため、「できるようになった」という実感も比較的湧きやすく、モチベーションの維持にも繋がります。ある程度こなせるようになってきたら、次に取り組むべきタスクを考え学習目標を設定しましょう。

 

オンライン英会話を活用する

英語を学ぶ際、以前は通学型のスクールが主流でしたが、現在はオンライン型の英会話スクールも多くあります。

よって、選択肢としては「通学型スクール」「オンライン型スクール」「独学」の3つに分けられるでしょう。

 

通学型スクールは受講料も高額になりやすく、決まった時間にスクールに出向く必要があります。そのため、突発的な残業や予定が入ってしまう方には向いてないでしょう。ただ独学はちょっと...という方には「オンライン型スクール」がおすすめです。

 

オンライン型の英会話スクールなら、直接スクールに出向く必要も無く自分の好きな場所やタイミングでレッスンを受けることができます。また、受講料も通学型と比較すると低価格なスクールが多い点も始めやすいポイントです。

 

社会人のおすすめ英語勉強方法【目的別】

ここからは社会人におすすめの英語勉強方法を目的別に紹介します。

・英語を話せるようになりたい方向け

・メールや資料を英語で書けるようになりたい方向け

・TOEICなど資格試験でスコアを上げたい方向け

それでは、下記で詳しく項目毎に説明していきます。

 

英語を話せるようになりたい方向けの勉強方法

英語を話せるようになりたい方には、下記の勉強方法がおすすめです。

  • 基礎的な単語や文法を勉強する
  • 英会話フレーズを発声練習をする
  • オンライン英会話などで英語を話してアウトプットする

また、英語を話せるようになるために重要なポイントを下記の記事で紹介しています。気になる方は本記事と併せて読んでみてください!

 

【英語を話せるようになるには?】重要なポイント5選!おすすめの独学方法も解説

 

基礎的な単語や文法を勉強する

まずは基礎的な単語や文法を勉強しましょう。英語を「話す」ということは、頭の中で英文を組み立てるということです。単語や文法が全くわからない状態では、英文を「書く」ことも難しいですよね。

まずは、基礎的な単語と文法を使用して英文をいくつか作成できるように勉強しましょう。

 

英語を話すには難しい英単語やフレーズを習得しなくてはいけないと思ってしまいがちですが、実はそんなことはないのです。しっかりと土台となる基礎的な単語と文法をインプットしておけば、簡単な会話は可能です。

 

具体的な勉強方法として、覚えたい単語と文法を織り交ぜた文章を作成することをおすすめします。その文章を暗唱できるくらいに読み込むことで、単語も文法も一緒に覚えることができます。

 

英会話フレーズを発声練習をする

英会話フレーズを声に出して繰り返し読みましょう。声に出して読むことで定着し、いざ話す時にスムーズに出てくるようになります。英会話フレーズは参考書などを参考にするか、自身で実際に使う文章をいくつか用意して取り組んでも良いでしょう。

 

特に最初の頃は、相手が何を言っているのかわからないという場面が多く発生します。そんな時に使えるフレーズを紹介します。

・Could you repeat that? / Could you say that again, please?

もう一度言ってもらえますか?

・Could you speak slowly, please?

ゆっくり話してもらえますか?

・Could you repeat that more slowly, please?

もう少しゆっくり言っていただけますか?

思わず「わからない!」と焦ってしまったり、どうしていいか分からず沈黙してしまいがちですが、上記のフレーズを覚えておけば落ち着いて対処することができます。

 

オンライン英会話などで英語を話してアウトプットする

基礎的な単語や文法、さらに英会話で使える英会話フレーズをインプットしたら、次はアウトプットです。インプットしたものを実際に会話で使えるようにするには「話す」練習が欠かせません。日常的に英語を使える環境に身を置いていれば、普段の生活の中でアウトプットすることができますが、日本ではなかなかそのような環境を見つけることは難しいですよね。

 

そんな方には、オンライン英会話がおすすめです。オンライン英会話であれば、24時間受講可能なスクールもあり、自分の都合に合わせて話す練習ができます。さらに、相手は「講師」なので発音に問題ないか確認してもらったり、会話を通して間違っている文法を訂正してもらうこともできます。英語学習に対してフィードバックやアドバイスをもらうことで、その後の復習にも役立ちます!

 

メールや資料を英語で書けるようになりたい方向けの勉強方法

社会人の場合、海外の方とメールでやりとりしたり、英語で作成した資料を提出、プレゼンを行う機会もあるかと思います。そんな方におすすめな勉強方法を紹介します。

・基礎的な英語や文法、ビジネス表現を勉強する

・参考書などでメールやドキュメント作成の学習をする

・英文添削サービスを利用する

それでは詳しく以下で解説していきます。

 

基礎的な英語や文法、ビジネス表現を勉強する

英語は全くの初心者!という方にとっては、ビジネス英語はハードルが高く感じますよね。いきなり難易度の高いものに挑戦する必要はありません。まずは基礎的な英単語やフレーズ、文法などを勉強し、その後に簡単なビジネス表現を少しずつ覚えていくところからスタートしましょう。

<ビジネスで使える英文メール表現>

・I’d like to know more about ~

私はもっと〜について知りたいです。

・I’m contacting you because〜

〜のために今回ご連絡いたしました。

改訂版 英会話ペラペラビジネス100という書籍では、ビジネスシーンで使える丁寧で応用の利く定番表現を学ぶことができます。カジュアルな会話であれば、自分自身で使うシーンを想定して文章を作成することも難しくないと思いますが、ビジネス英語の場合は、このような書籍の中から自分の使いそうなフレーズをピックアップして練習すると良いでしょう。

 

参考書などでメールやドキュメント作成の学習をする

メールやドキュメント作成には、基本となる「型」があります。その型さえ覚えてしまえば、後は適切な単語をシーン別に置いていけば応用ができます。型については、書籍を参考にすると良いでしょう。

英文添削サービスを利用する

参考書などを見て英文メールを作成しても、本当に適切な英単語やフレーズを使えているのか不安が残りますよね。そんな時には英文添削サービスを利用するのも一つの手段です。

 

4skillsを運営するオンライン英会話ベストティーチャーでは、ライティングレッスン→添削→トレーニング→スピーキングレッスンの流れで全てのレッスンが進行します。もちろん英文メールのレッスンテーマもあるので、ライティングレッスンで英文メールを作成し、それを添削してもらうことも可能です。もし疑問点があっても、後のスピーキングレッスンで講師に質問もできます。興味のある方は無料レッスンで体験してみてくださいね。

 

ベストティーチャーのサイトを見てみる

 

TOEICなど資格試験でスコアを上げたい方向けの勉強方法

社会人の方でもTOEICのスコアが必要になるケースや、海外への留学、転職を目指しているという方もいると思います。ここでは、英語の資格試験でスコアをあげたい社会人の方におすすめな勉強方法を紹介します。

  • 基礎的な単語や文法を勉強する
  • 過去問や問題集などで問題傾向を把握する
  • 頻出の問題を重点的に学習する
  • 資格試験に強いオンライン英会話を受講する

以下で詳しく解説します。

 

基礎的な単語や文法を勉強する

英語は全くの初心者だけど、英語の資格試験を受ける必要がある!という方は、いきなり資格試験の対策を始めるのではなく、まずは英語の基礎力をつけましょう。「試験を受けるのに、基礎からやるの?」と思った方もいるでしょう。確かにそれぞれの資格試験には特色があり、それに応じた対策をする必要があります。しかし、基本的な英単語や文法を理解していないと、「そもそも」の部分で躓いてしまい試験どころではなくなってしまいます。

 

もし出題文が分からない単語やフレーズだらけだったらどうでしょう。何を聞かれているのかも理解できず、ただ時間を消費してしまうことになってしまいます。そのため、基礎の英語力をつけることはとても重要なのです。

 

過去問や問題集などで問題傾向を把握する

問題傾向を把握することが、資格試験対策において最も重要だと言っても過言ではないでしょう。資格試験では仮に出題されるトピックが異なっていても、出題パターン (どういった質問がされるのか)はある程度決まっています。過去問や問題集を使用して徹底的に傾向を把握し対策することで、攻略することができるでしょう。

 

試験までの間にできるだけ多くの過去問や問題集を解くことをおすすめします。また、必ず試験に重要な変更等がないか公式ホームページなどで確認をしましょう。

 

頻出の問題を重点的に学習する

上記で過去問や問題集を解いて問題傾向を把握することが大切であると記載しましたが、解いていくと何度も出てくる「頻出している問題」があるかと思います。そういった問題は、今後も同じように出題される可能性が高いので、重点的に学習することもおすすめです。ただし、もちろん出題されない場合もあるのでそれを念頭におきながら、対策を行いましょう。

 

資格試験に強いオンライン英会話を受講する

オンライン英会話は「英会話をするだけ」だと思っていませんか?実は、資格試験対策ができるオンライン英会話もあります。オンライン英会話なら、自分の都合に合わせて受講できるので忙しい社会人にはぴったりです。

 

ひとりで試験対策をするには、ちょっと難しい...でも試験対策に特化したスクールが高額すぎる...という方にこそ、オンライン英会話ベストティーチャーの試験対策コースがおすすめです!ベストティーチャーには、TOEFL iBT、IELTS、TOEIC SW、英検 ®️(1級〜3級)、TEAP、GTECの対策コースがあります。各コース「月額16,500円」で受講制限なし。さらに、各コース試験に精通した講師とレッスンが受けられアドバイスももらえます。気になる方は、無料体験もあるので試してみてくださいね。

 

ベストティーチャーの無料体験レッスンを受講する

 

忙しい社会人におすすめの英語勉強アプリ

何かと忙しく勉強時間の確保が難しい社会人だからこそ、ちょっとした隙間時間でも英語を学びたいですよね。そんな方向けに、英語学習ができるアプリを紹介します。

 

mikan 

様々な教材があり、ゲーム感覚で英語が学べます。また、日常英会話やビジネス英語の他、TOEICや英検、海外留学にも対応しており充実しています。特に「英単語」を覚えたい方向けです。

 

App Store:  https://apps.apple.com/jp/app/id920856839

Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=link.mikan.mikanandroid&hl=ja

 

ベストレ

オンライン英会話ベストティーチャーのアプリ機能の一つで、サービス内で受けた英文の添削内容の確認、それを用いたディクテーション、オーバーラッピング、シャドーイングができます。無料体験でぜひ試してみてください!

 

App Store: https://apps.apple.com/jp/app/id1130897021

Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.best_teacher_inc.android&hl=ja

 

Voice Tube

Voice Tubeには、雑学、社会、エンタメ、アニメ、語学と学習などありとあらゆるカテゴリーの動画があり、英語と日本語の字幕がついています。覚えたい単語を保存して自分だけの単語帳を作ることもできます!動画で楽しく学びながら、リスニング力を鍛えたい人にぴったりです。

 

App Store: https://apps.apple.com/jp/app/id641446200

Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=org.redidea.voicetube&hl=ja&gl=US

 

英語リスニング

こちらは様々な英語ニュースや、単語、英会話を聞くことができ、英語と日本語の字幕がついています。「英会話」のセクションでは日常、ビジネスのシーンが各種用意されていて、シーン別に使える英語フレーズが学べます。こちらもリスニング力を鍛えたい人に向いています。

 

App Store: https://apps.apple.com/jp/app/id1404680935

Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.studyswitch.playerenglishnews&hl=en_US&gl=US

 

社会人の英語勉強方法に関するよくある質問

社会人が英語を勉強する上で、出てくる「よくある質問」を紹介します。

 

  • 知識ゼロの社会人でも独学で英語を習得できる?
  • 社会人が英語を勉強するならオンライン英会話と通学通学型スクールどちらが良い?
  • 社会人が知識ゼロからアプリだけで英語を習得できる?

 

本記事を読んでいる方も同じ疑問をお持ちではないでしょうか。下記でその答えと解説をしていきます。

 

知識ゼロの社会人でも独学で英語を習得できる?

英語の勉強は学生以来!という方には、あまり独学はおすすめできません。というのも「どのように学習すべきか」や「何をどうしたらいいのか」という部分が理解できていないと、適切な方法で勉強できないからです。正しい方法で勉強をしないと英語の上達にとても時間がかかってしまいます。

 

どうしても独学で進めたいという方は、事前にどのように進めるべきかをしっかりと調べ、可能であれば英語を学習している方にアドバイスをもらいましょう。

 

社会人が英語を勉強するならオンライン英会話と通学店舗型スクールどちらが良い?

通学型スクールとオンライン英会話、それぞれどんな人に向いているのか解説します。

 

<通学型スクール>

・通学する時間がある

・スケジュールが明確である

・対面で英語を習いたい

・自分で進めることに不安がある

 

<オンライン英会話>

・忙しくていつレッスンを受けられるかわからない

・多国籍の講師と話してみたい

・自分の都合に合わせてレッスンを受けたい

・受講料をなるべく抑えたい

 

いかがでしょうか。どちらに多く当てはまりましたか?相性などもあるので、悩んだ場合は通学型、オンライン英会話の両方の無料体験を受けてみましょう。

 

社会人が知識ゼロからアプリだけで英語を習得できる?

アプリを通して、英単語のボキャブラリーを増やしたり、リスニング、リーディングの力をつけることは可能だと思います。つまり、「インプット」の部分について言えば問題なく習得できるでしょう。しかし、インプットしたものをアウトプット「話す」練習も欠かせません。アプリで、生きた英会話を学ぶのは困難なため、通学型スクール、オンライン英会話、外国の友人を作る...など、英語を実際に話す機会を作ることが大切です。

 

まとめ

社会人になってから英語を勉強したいと思う方は多いと思います。しかし、学生時代の頃と違い、勉強に使える時間が限られていたり、さらに受講料の兼ね合いもありますよね。また、選択肢も以前は通学型のスクールが主流でしたが、今はオンライン英会話やYoutubeなど独学のためのツールも増えており、より迷ってしまうかと思います。

 

何よりも大切なのは、自分にあったスタイルで継続して勉強できることです。ほとんどのスクールが無料体験レッスンを提供しているので、気になったらまずはお試しで受講してみることをおすすめします。

 

オンライン英会話ベストティーチャでも、無料体験レッスンを実施中です!話すだけのスクールではなく、まずは「書く」ところからレッスンが始まります。自分で作成した英作文の添削を外国人講師が行い、それがスピーキングレッスンのテキストになります。手元に台本がある状態で講師と話すので、安心してレッスンに臨めます。気になった方はぜひ無料体験レッスンでお試しください!

 

無料体験レッスンを受けてみる

勉強法
Best Teacher

タグ検索

キーワード検索

twitter
© 2011 Best Teacher Inc.