• Home
  • Speaking
  • 【英語を話せるようになるには?】重要なポイント5選!おすすめの独学方法も解説
カテゴリ
Speaking

【英語を話せるようになるには?】重要なポイント5選!おすすめの独学方法も解説

記事画像

英語を話せるようになるにはどうしたらよいの?

英語を話せるようになりたけど、どのような学習方法をしたらよいか良いのかわからない

以上のような疑問にお答えします。

 

本記事では、

・英語を話せるようになるために重要なこと

・英語を話せるようになるために必要な時間

・英語の独学方法

などをオンライン英会話のベストティーチャーが解説します。

 

英語を話せるようになるには?

基本的に、英語を話せるようになる流れは以下だと考えています。

 

①挨拶程度のスピーキング

②ワンフレーズのスピーキング

③2,3フレーズのスピーキング

番外編:ビジネス英語のスピーキング

スピーキングの上達には3段階のステップがあり、①②の、日常での挨拶やワンフレーズ程度のスピーキングであれば、中学生時代に学習した単語や文法力さえあればすぐに話せるようになります。

 

③2,3フレーズのスピーキングを行うには、インプットしている英語や文法を頭の中で組み立てて文章にする能力が必要になります。

そのためには、ライティング力が欠かせません

ライティングは、インプットされている英単語、文法、フレーズをテキストで書き起こすため、スピーキングに必要な英文を組み立てる能力を養うことができます。

 

ビジネス英語のスピーキングでは、2,3フレーズでのスピーキングに加えてビジネス特有の単語や表現・言い回しの習得が大切になります。

 

学習の目的を定めることが重要

英語が話せるようになりたいと一言で言っても、目的によって必要な英語力は変わってきます。

例として、日常で外国人と挨拶程度の会話を行うのであれば、とにかく最低限の単語や文法、フレーズを覚えれば会話することはできるでしょう。

一方で、ビジネスで英語を使えるようになるためには、ビジネス特有の単語や表現、文法をしっかりと学習する必要があります。

まずは、目的をしっかりと定めることが重要です。

 

英語を話せるようになるために重要なこと

ここでは、英語を話せるようになるために重要なことをお伝えします。

 

・ライティング力を鍛える

・インプットとアウトプットを繰り返す

・構成、発音に気をつけて話す

・実際に外国人と話してみる

・毎日英語を話す

 

以上を1つずつ順を追って解説します。

 

ライティング力を鍛える

先述の通りライティング力を鍛えることは、スピーキング力を鍛えることにもつながります。

スピーキングを行う際は、話す単語や文法を頭の中で組み立てて英語を話します。

英語初心者が話せないのは、この組み立てがスムーズにできないためです。

「英語を頭の中で組み立てる→話す」この流れを繰り返すことで徐々に、英語を頭の中で組み立てなくともスムーズに英語を話すことができるようになります。

 

また、弊社オンライン英会話のベストティーチャーは、話したい内容を書いてから、実際に講師と話す「書いて」「話す」英会話スクールです。

効率よく英語を話せるようになりたい方は、無料体験レッスンをまずお試しください。

 

インプットとアウトプットを繰り返す

英単語や文法・フレーズをインプット(暗記)するだけでは英語は話せるようにはなりません。

インプットした英語をアウトプット(書く・話す)することで徐々に話せるようになっていきます。

新しい英単語やフレーズを覚えたらどんどん話して、自分のものにしていきましょう。

 

毎日英語を話す

英語を毎日、話す必要がある理由としては、英語は「勉強」ではなく「言語」であるからです。

英語を話せるようになるには、人と話をしながらすぐにその返答をしなくてはいけません。

例えば、あなたが日本語で誰かに問いかけられた時、わざわざ文法や単語を分解して組み立てを行い返答しているでしょうか。

無意識に理解し、話していますよね。

これは、毎日、日本語を話す私たちだから、単語、文法などをわざわざ組み立てなくても即座に話すことができるのです。

英語も同様に毎日話していると徐々に話せるようになっていきます。

初めて間もないうちは、頭の中で単語や、文法、フレーズを組み立てて話していますが、慣れてくると自然に英語脳になり話せるようになります。

以上のことから毎日話すということは、英語を話せるようになる上でとても重要です。

 

実際に外国人と話してみる

実際に、外国人と話すことはとても重要です。

理由としては、2点あります。

まず1点目は、自分の英語が外国人に通じるかの確認をすることができます。

初めのうちは、発音の違いや表現方法によってうまく伝わらないということも出てくると思いますが、リスニングも行うことができるため自然と英語に慣れることができます。

2点目は、モチベーションの維持につながるということです。

学習した英語が外国人に通じると、学習のモチベーション維持に繋がり、

今度はこの表現を使ってみようなどと意欲が高まります。

その結果、英語学習を継続することができ最終的に話せるようになります。

 

また、弊社ベストティーチャーのオンライン英会話では、24時間365日外国人と話すことができます。

効率的に英語を話せるようになりたいという方はまずは、無料体験レッスンをお試しください。

 

構成、発音に気をつけて話す

少し上級者向けですが、実際に学習した英語を話してみても外国人には伝わらないことがあります。

その理由として、発音が間違っていることが考えられます。

ある程度話せるようになったと感じたら、構成や発音に気をつけて話していくことも、コミュニケーションをとる上で重要になってきます。

 

英語を話せるようになるために必要な時間

 

英語を話せるようになるには、どのくらいの時間が必要なのでしょうか。

アメリカの国務省(FSI)によると、外国人とペラペラ話せるようになるのにかかる時間は、おおよそ2200時間と言われています。

ただ日本人の場合、小学校、中学校、高校の授業で約1200時間を費やしていると言われています。

よって大学生や社会人の方は、さらに約1000時間が必要ということになります。

しかし、こちらは外国人とペラペラ話せるレベルの目安になりますので、英語でコミュニケーションを取れるようになるにはそこまで時間はかからないと考えられます。

仮定の値となりますが、

・毎日1時間学習を行えば3年

・毎日2時間学習を行えば1.5年

・毎日3時間学習を行えば1年

上記の期間で英語をペラペラ話すことができるようになるということがわかります。

 

独学方法

ここでは、英語が話せるようになるための独学方法をお伝えします。

ただ、ここで1点注意していただきたいことは、独学で陥るよくある失敗としてインプットが多くなってしまうということがあげられます。

単語やフレーズなどをインプットしていても、アウトプットする機会を作らなければ話せるようにはなりません。

よって、必ず話す機会をつくることをおすすめします。

 

アプリを活用する

英語学習の時間を確保することが難しい社会人の方にはアプリを活用しての単語やフレーズのインプットがおすすめです。

下記に、独学に使える英語学習アプリの一例を紹介します。

通勤時間や隙間時間を活用してみるのも良いでしょう。

 

英語学習アプリmikanは、ゲーム感覚で英単語を学習できるアプリです。

直感的に操作ができる作りになっているため、隙間時間でもサクサク学習を進めることができます。

 

2つ目に、英作文が身につくアプリ!BT Writingです。

このアプリは、英語文法の復習から英作文まで対応しており、作成した英作文は外国講師が添削をしてくれます。

 

英語で日記を書く

本記事でも何度もお伝えしていますが、ライティングを行うことでスピーキング力も向上します。

日記で得られる効果として考えられるものは以下です。

 

・主に、日常生活でのフレーズ・単語の表現が増える

・正しい文法で文章を組み立てられるようになる

 

結果として、しっかり文法やフレーズなどを意識し話すことができるようになります。

 

英語のニュースを聞く / 見る

英語のニュースを聞いたり、見たりすることで、スピーキング力の向上に役立ちます。

ニュースで英語を学ぶメリットとして以下のことが考えられます。

 

・正確な英語表現を学ぶことができる

・字幕がついているニュースサイトであれば文章構造やフレーズを学ぶことができる

 

ニュースは、スラングを使わない表現で文章が構成されているため正確な英語を学ぶことができます。

また、字幕付きのニュースサイトであれば、文章構造の理解にも役立ちます。

そのため、英語を話す際に必要な文章を組み立てる力が付きます。。

下記に英語が学べるニュースサイトの一例をご紹介します。

VOA Learning English

BBC World Service

 

また、オンライン英会話のベストティーチャーでは、実際の日経新聞の記事を題材に英語を聞き、話すことができるベストティーチャー 日経LissNコースがございます。

ビジネス英語に必要な単語・文法をインプットしながら、「読む」「書く」「聞く」「話す」の全ての練習ができます。

また、ビジネスだけでなく日常における英語表現も学べるため、日常・ビジネス両方の英語力向上に役立ちます。

無料体験も実施しているため気になる方は、ベストティーチャー 日経LissNコースを確認してみてください。

 

英語を最短で話せるようになるにはオンライン英会話

英語が話せるようになるには、インプットをしたら、すぐに話してアウトプットを行うことが非常に重要です。

 

そのため、インプットした情報を外国人と話すという機会をすぐに作れるオンライン英会話が最もおすすめです。

弊社オンライン英会話のベストティーチャーは、いきなり「話す」だけのオンライン英会話でなく「書いて」から「話す」を繰り返し着実に英語力が身に付くオンライン英会話です。
無料体験も実施しているため気になる方は、オンライン英会話のベストティーチャーの無料体験レッスンを試してみてください。

オンライン英会話
スピーキング学習法
Best Teacher

タグ検索

© 2011 Best Teacher Inc.