このエントリーをはてなブックマークに追加

学校/塾向けサービスのご紹介 小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校、塾・予備校向けに、学校や塾の授業により興味が持てるようになるためのICTを活用した補助的な英会話サービスをご提供しています

トップページ > 学校/塾向けサービスのご紹介

導入事例・メディア掲載 | 使用教材 | 導入プラン | 特徴 | 管理画面・必要機器 | お問い合わせ

1クラスに生徒が40名なら、世界中の講師40名と英会話をしてみませんか? モデル校募集中! 電話番号 03-6759-8002(受付時間:平日10:00〜19:00) お問い合わせ・資料請求はここをクリック!

導入事例・メディア掲載

ベストティーチャーの学校における活用事例です。

ベストティーチャーの教育機関向けのサービスがメディアに掲載されました。

使用教材

実際に小学校5年、6年、中学校1年の授業で使用している学習指導案、板書資料、配布資料、講師伝達資料を無償で公開しています。小学校は「Hi, friends!」、中学校は「Sunshine English Course」に準拠した教材になります。

小学校向け全教材はこちら、中学校向け全教材はこちらからご覧いただけます。

サンプル教材:小学5年生向け_Skypeを利用した英語授業_第1回板書資料

導入プラン

課外(年間/半年コース)

目的:英語の授業の補助

  •  授業の補助的役割として、アウトプット(スピーキング、ライティング)に特化した授業をご提供します
  •  授業時間内では十分に確保するのが難しい生徒一人一人が「英語を話す機会」「英語を書く機会」が得られます

目的:英語が好きになるきっかけ作り

  •  50カ国以上の講師とコミュニケーションすることにより、英語の授業により興味がもてるようになります
  •  また、留学前準備として、留学先の国の講師と会話をする機会をご提供します

ベストティーチャーの特徴

ベストティーチャーはSpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクールです。教材に載っている英文(=他人英語)を覚えるのではなく、生徒ひとりひとりが自分のための英文(=自分英語)を学ぶため、使える英語を身につける楽しさを感じながら学習することができます。

また、世界30カ国以上に講師がいるため、1人1人に講師をつけて英語を学ぶことができます。学校や塾の先生はそれをとりまとめることで実践的な英語の授業を行うことができます。

他の英会話オンラインスクールとの比較

ベストティーチャーと他の英会話オンラインスクールとの比較表

管理画面・導入時に必要となる4点セット

管理画面

管理者は、管理画面で生徒ひとりひとりの学習状況を確認することができます。

Management2

【受講者別のレッスン状況】
受講者別に、Writingレッスンを何レッスン受講しているか、Skypeレッスンを何レッスン受講しているか、最終ログイン日はいつかをご確認いただけます

【受講者別の受講レッスン名】
受講者別に、受講レッスン名を確認することができます。

【受講者が作成したスクリプト内容】
受講者が作成したスクリプトの内容を確認できます。講師による添削と、総評もご確認いただけます。

ベストティーチャーを導入するに当たって必要な4点セット

  •  ネット環境

    Wi-Fiや有線LAN、無線LAN、セルラーなどのインターネットに接続するためのネット環境が必要です。

  •  IT機器

    ディスクトップ型PC、ノート型PC、iPadなどのタブレット端末が必要です。

  •  Skype

    無料でダウンロード可能です。詳しくは超簡単!Skype(スカイプ)利用設定方法と使い方マニュアルをご覧ください。

  •  (PCの場合のみ)ヘッドセット、Webカメラ

    iPadなどのタブレットにはカメラとマイク端子が内蔵されていますが、PCの場合には必要に応じてヘッドセットWebカメラがないと、音声通話やビデオ通話ができない場合がございます。