Original

志望企業に対して持っているイメージを話してみよう

Talking about the image of the company at a job interview
あなたは外資企業の面接を受けています。志望先のイメージがどのようなものか話しているところです。
イメージが全てです。正しいイメージなしでは、他のものは重要ではありません。正しいイメージを作るには何年も、何十年もかかるかも知れません。そして一瞬で崩れる可能性もあります。
Icon
How would you describe the image of this company?
Icon
 
このレッスンを始める
  • persona(役割、人格)
  • disconnect(切断、食い違い、ずれ)
  • branding(ブランディング、ブランド化、ブランド戦略)
  • massive(極めて多い、大量の)
  • alignment(調整、調節)
  • facade(うわべ、見せ掛け)
  • intimate(暗示する、~を宣言する)
  • faceless(主体性を欠いた、匿名[無名]の、特定化されない)
  • reality((名)現実性)
  • sensitive(敏感な、繊細な)
  • Expansion is great, but we don't want people to think that we are a faceless corporation that is insensitive to their needs.(拡大することはすばらしいですが、弊社が人々の需要に無神経な主体性のない企業だと思われたくありません。)
  • Due to this scandal, we are rapidly losing the public's confidence and trust.(このスキャンダルのせいで、私たちは急速に世間の自信と信頼を失くしている。)
  • Are our business practices in alignment with our mission statement and philosophy?(私たちのビジネスの方法は、当社の目標と指針と合致していますか。)
  • Branding is very important to our public image.(ブランド設定は、弊社の一般イメージのためにとても重要です。)
  • The company's public persona is all that matters.(会社の世間体こそが最も重要です。)
  • Since our competitor is able to undercut our prices, we need to stress customer service and convenience.(当社の競合他社は弊社価格を下回っているので、弊社は顧客サービスと便宜性を強調する必要があります。)
  • This company's future depends on its image as a friendly and compassionate company.(この会社の未来は、親しみやすくて思いやりのあるイメージにかかっています。)
  • We need to take immediate steps to reverse the negative press that we have been getting recently.(最近我々にきている良くない論評を覆すために、素早い対策を講じる必要があります。)
  • We should base our strategic plan on our customers' needs and not necessarily on the public image that we want to create.(顧客の需要の構造プランを基軸にするべきで、私たちが作り出したい公共のイメージは必ずしも必要ではありません。)
  • There is a definite misunderstanding between our public image and what we really do.(私たちの一般のイメージと実際に私たちがしていることとでは確実に異なっている。)

こんな方にオススメ

  • ビジネス
  • 中級
  • 英語面接
  • 業界分析