• Home
  • Writing
  • 「承知しました」を英語で表現!シーン別に合わせた使い方を解説
カテゴリ
Writing

「承知しました」を英語で表現!シーン別に合わせた使い方を解説

記事画像

ビジネスの現場や日常で、相手の問いかけやお願いに対して「承知しました」「了解しました」と使用する場面がよくあるかと思います。

この記事では、カジュアルなシーン、フォーマルなシーンに合わせてどのように「承知しました」「了解しました」と英語で表現するのか解説します。

 

合わせて読みたいビジネス英会話表現

英語で「よろしくお願いします」とは?【シーン別・例文解説】

「検討する」を英語で表現!ビジネスシーンでの使い方・例文をご紹介

 

ビジネスシーンで使用する「承知しました」

ビジネスシーンでは、仕事を依頼された際やメールを受け取った際に「承知しました」「了解しました」などの返事をすると思います。

下記に、ビジネスシーンで使用できる「承知しました」「了解しました」「賛成です」などのイディオムをまとめました。

全てに「もちろん (承知した)」という意味があります。

Unquestionably

Undoubtedly/Without a doubt

Certainly

Absolutely 

Definitely 

Of course

Sure

 

確信の強さ順に上から並んでいます。

「Unquestionably」が最も賛成(了承)の意味が強く、「Sure」が最も弱い表現となります。

 

下記でどのようにイディオムを使うのか例文を見ていきましょう。

 

例文1

We would like you to look at the new project. Would you be able to do that?

新しいプロジェクトをご覧いただきたいです。お願いできますか?

 

-Yes, of course

-Certainly

-Absolutely

もちろんです。

 

-It would be my pleasure to help you.

-It would be my pleasure to assist you.

お役に立てれば幸いです。(承知しましたと同様の意味合い)

 

例文2

Would you be able to attend the meeting tomorrow? 

明日のミーティングに参加してもらえますか?

 

-Yes, sure

-Sure

-Absolutely

-Certainly

-Unquestionably

-Definitely

もちろん

 

 I will be able to attend it.

参加します。

  

例文3

We’d like to increase the price of our products. Do you agree with the plan?

 製品の価格を上げたいと考えています。これに賛成ですか?

 

-Absolutely 

-Of course

-Certainly

-Without a doubt

-Undoubtedly

もちろん (賛成です)

 

The prices of goods have increased, so we have no other choice but to increase the prices of our products.

物価が上がっているので、製品の価格を上げるしかない。

 

日常のシーンで使用する「承知しました」

日常のシーンでも、「承知しました」「了解しました」にあたる言葉を使用すると思います。

 

意訳すると、「わかりました」「問題ありません」「もちろんです」の意味を持つイディオムを下記にまとめました。

 

it’s clear

I got it

Sure

No problem / No issue / All right

 

“Sure、All rightに関しては、日常会話やビジネス(特にアメリカ)で頻繁に使われます。

 

下記でどのようにイディオムを使うのか例文を見ていきましょう。

 

例文1

Would you please buy me some things in the store? I made you a list of the things I need. 

お店で何か買ってきてくれませんか?必要なものリストを作りました。

 

Can you understand what I wrote? 

私が書いたものを理解できますか?

 

- Yes, it’s clear.

-はい理解できます。

 

-Yes, sure.

-はい、もちろんです。

 

-I got it.

-わかりました。

 

-No problem / No issue / All right

-問題ありません。

 

日常シーンで「承知しました」に類似する同意表現

「承知しました」「了解しました」とニュアンスが類似する相手に同意する英語表現をご紹介します。

 

I’d feel the same(私も同じように感じます。)

I know what you mean(あなたの言いたいことはわかります。)

 

どちらも相手に同意する際、便利な相槌として使用することができます。

 

例文1

I don’t know if you can understand how I feel, but they hurt my feelings. 

 私の気持ちを理解してくれるか分からないが、彼らは私の気持ちを傷つけたのです。

 

-If I were in your shoes, I’d feel the same.

-私があなたの立場なら、同じように感じるでしょう。

 

-I know what you mean.

-言いたいことはわかるよ。

 

「承知しました」まとめ

 

日本語で「承知しました」「了解しました」は1フレーズで済みますが、英語の場合は使う単語によって大きく意味が異なってきます。

フレーズと例文を合わせてご紹介しているので、必要な場面でぜひ使ってみてください。

 

 

合わせて読みたいビジネス英会話表現

英語で「よろしくお願いします」とは?【シーン別・例文解説】

「検討する」を英語で表現!ビジネスシーンでの使い方・例文をご紹介

 

また、弊社オンライン英会話のベストティーチャーは、ただ話すだけでなく、英語を「書いて」理解し、その後「話す」レッスンを繰り返し行い英会話力を向上させることができます。

 

ビジネスシーンや日常生活など1,000以上のトピックがあるので、必要だと思うシチュエーションを選んで受講できます。

プレゼンテーションや価格交渉など様々なトピックがあり、海外の方とうまくコミュニケーションが取れずお悩みの方に好評をいただいています。

無料体験も可能ですので、ご興味のあるビジネスパーソンの方はぜひサイトを覗いてみてください。

 

ビジネスメール
ビジネスフレーズ
日常フレーズ
Best Teacher

タグ検索

© 2011 Best Teacher Inc.