【お知らせ】SAPIX中学部が2020年4月からベストティーチャー を活用した新サービス「英語オンライン・レッスンを開始

2019/10/02

【お知らせ】SAPIX中学部が2020年4月からベストティーチャーを活用した新サービス「英語オンライン・レッスン」を開始

 

2020年4月、新サービス「英語オンライン・レッスン」を開始株式会社日本入試センター(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:髙宮英郎)が運営する高校受験のSAPIX中学部は、2020年4月より英語の学習指導に、グループ企業であるベストティーチャー社が提供するオンライン・レッスンを取り入れます。

学習指導要領の改定や大学入試改革を背景に、英語教育における4技能(Reading/Listening/Writing/Speaking)育成が進められています。2021年に実施される大学入学共通テストにおいて、民間検定試験の活用がスタート。同年秋に実施される「東京都中学校英語スピーキングテスト(仮称)」は、2022年2月に行われる東京都立高校入試の合否判定に使われる予定です。こうした状況の中、高校入試問題にも変化が表れています。語彙や長文の題材のレベルが高くなってきている他、自由英作文や条件英作文で、日本語でも解答が難しいテーマについて作文する問題が増えるなど、思考力・表現力が問われるものになってきました。SAPIX中学部ではそうした時代の要請に応え、2020年4月より英語オンライン・レッスンを中3本科生の英語指導に導入します。

 

  • ■添削付きWritingレッスンSpeakingレッスンの前に、書いて添削を受けるというWritingレッスンを経ることで、正しい英文法と多様な英語表現を学ぶことができます。

■英語4技能を総合的に伸ばしながら、アウトプットを強化Writingレッスンで作った英文は自動で音声化され、Speakingレッスンの前にリスニング・シャドーイング・オーバーラッピング・ディクテーションの練習ができます。WritingレッスンとSpeakingレッスンに加え、Reading・Listeningのトレーニングにも活用できます。

■SAPIX中学部のカリキュラムと連動レッスンの内容は、SAPIXのカリキュラムと連動し、高校受験対策に対応したオリジナル問題を扱います。東京都のスピーキングテストはもちろん、難関高校の英作文や民間検定試験の対策としても有効です。

■「作文→対話」で思考力・表現力を強化定型文を話すだけのSpeaking練習とは異なり、自分の意見を表現することで思考力・表現力が鍛えられます。

■厳しい審査をパスした質の高い外国人講師ベストティーチャー社では、英語圏を中心に世界50カ国以上から、社会人経験や指導経験が豊富な人材を採用しています。ネイティブ講師による英語能力審査、バイリンガル日本人スタッフによる面接・模擬レッスンなど、厳しい採用試験の採用率は約4%です。

 

株式会社日本入試センター概要

①名称 株式会社日本入試センター

②本社所在地 東京都渋谷区代々木 1 丁目28番14号

③代表者氏名 代表取締役 髙宮 英郎

④事業内容 各種教育サービス業務 ・大学受験 Y-SAPIX ・海外進学 Y-SAPIX Global Campus(YGC) ・高校受験 SAPIX 中学部 ・中学受験 SAPIX 小学部 ・通信教育 ピグマキッズくらぶ ・学童保育 ピグマキッズ ・幼児教育 SAPIX kids ・個別指導 プリバート ・発達支援サービス あそびや

⑤関連法人 ・学校法人髙宮学園 代々木ゼミナール(代々木ゼミナール国際教育センター) ・オンライン英会話スクール Best Teacher ・SAPIX USA ・Triple Alpha

 

<本件に関する報道関係のお問合せ先> 株式会社日本入試センター SAPIX 中学部 広報企画部 担当:多田・太田 TEL:03-5358-5577 (代表)/Eーmail:s-tada@sapix.jp・r-ota@sapix.jp SAPIX 中学部 Web サイト:https://www.sapix.co.jp