このエントリーをはてなブックマークに追加

採用プロセス/採用後のトレーニング一流の講師陣の採用方法と、採用後のトレーニングについてご紹介します

トップページ > 講師の採用プロセスと採用後のトレーニング

世界中に講師が在籍

オンライン英会話Best Teacherの講師に対する考え方

オンライン英会話のベストティーチャーではアメリカ、イギリス、フィリピン、カナダ、オーストラリア、インドなど、1つの国に偏らないようにバランスよく世界中から講師を集めています。

その理由は、実際に外国人と英会話をするときにはCD教材にあるような綺麗な英語を話してくれる人はいないことと、ビジネスの場で英語を話すのはアメリカやイギリスの人だけではなくアジアやヨーロッパ等の人もいるからです。

ネイティブではない講師はその生まれた国の母国語の訛りがありますし、実は日本人もその例外ではありません。また、例えばカナダ人であっても、移民出身であれば中国語やいろいろな国の訛りが入っている場合もあります。訛りがあったとしても様々な国の講師と話すことが、実践において最も役立つと考えています。また、スカイプの回線に問題のない講師のみを採用しているため、スカイプを通したオンラインレッスンであっても、発音の勉強も問題なく行うことができます。

WritingレッスンとSkypeレッスンは、それぞれ下記の講師が担当しています。

レッスン講師
  Writingレッスン 
返信世界50カ国以上の講師
添削ネイティブ中心
  Skypeレッスン 
会話世界50カ国以上の講師

採用プロセス/採用後のトレーニング

ベストティーチャーは世界中から講師を集めた上で、社会人経験や講師の経験が豊富な人を中心に採用を行っております。厳しい採用プロセスを潜り抜けた精鋭が講師として活躍しつづけるために、採用後のトレーニングにも力を入れております。
特に、TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)やTEFL(Teaching English as Foreingn Language)という英語を母国語としない人たち向けの英語教授法の資格をもった講師を積極的に採用し、皆様へのサービスの品質向上を目指しております。

採用プロセス

採用プロセス

採用後のトレーニング

採用後のトレーニング