• ホーム
  • IELTS
  • IELTSライティング対策:試験概要・時間・採点基準・Task1で役立つ表現

IELTSライティング対策:試験概要・時間・採点基準・Task1で役立つ表現

本記事では、IELTSライティングの概要とTask1で使える表現集を紹介します。Task1とTask2の違い、時間配分、お役立ちフレーズなどを抑えておくとスコアアップに繋がるので、IELTSを受験する方は必見です!

 

IELTSライティングの概要

 

問題数

 

Task1とTask2の2問です。

 

 

 試験時間

 

試験時間は60分です。IELTSを共同運営するブリテッシュ・カウンシルが公認する公式問題集では、Task1を20分、Task2を40分で書くことを推奨しています。

 

Task

問題形式

文字数

1

図表の説明

150 words以上

2

意見展開

250 words以上

 

 

 問題の内容

 

Task1は、提示された図表の特徴を理解して自分の言葉で情報を描写、要約、説明します。設問には折れ線グラフ・円グラフ・表・図解・地図・ダイアグラムが出題されます。よく出るのは、人口や貿易の統計についてのグラフ、機械の仕組みの図解、ある土地の地図、などです。

 

Task2は、設問に対する見解をエッセイで述べます。自分の意見、賛成・反対の立場、理由、事例などを論理的に書くことが求められます。

 

 

採点基準

 

IELTSの採点者は「IELTSライティングテスト採点基準」と呼ばれる公式のスコアガイドに基づき受験者のライティング能力を評価します。採点基準には4つの項目があり、それぞれの項目に基づき採点された後、バンドスコア(0~9)に変換されます。

 

Task1の採点基準

Task Achievement タスク到達度
Coherence & Cohesion 論理の一貫性と流れの良さ
Lexical Resource 語彙力
Grammatical Range and Accuracy 文法の幅と正確性

 

「タスク到達度」では図表の情報を読み取ることができているか、また読み取った情報をもとに設問にこたえきれているか、が問われます。

Task2の採点基準

Task Response 質問に適切にこたえているか
Coherence & Cohesion 論理の一貫性と流れの良さ
Lexical Resource 語彙力
Grammatical Range and Accuracy 文法の幅と正確性

 

 

 

Task1で必ず役立つ!グラフ・図表を説明する表現まとめ

 

ここからはTask1で使える表現を紹介します。英語のエッセイでは、同じ表現の繰り返しを避けるため、同じ意味で異なる英単語を覚えておくと高得点を狙いやすくなりますよ。

 

 

「増える」のさまざまな表現

grow
The fertility rate in Finland
grew by 0.5% in the 2010s.

 

rise
The unemployment rate in Japan
rose dramatically since the early 1990s.

 

raise

The interest rate was raised by 1.2% due to the recent fiscal policy.

 

double(2倍に)

The suicide rate in this region doubled from 1970 to 2000.

 

triple(3倍に)

The average income in this country tripled through the industrial policy.

 

spread(普及する)”、”expand(拡大する)”なども一緒に覚えておくとよいですね。

  

 

「減る」のさまざまな表現

 

decline

The pregnancy rate has significantly declined in the nation as a whole.

 

drop

The number of physical activities among children dropped dramatically.

 

fall

The profitability of the product is gradually falling.

 

diminish

We need to diminish the amount of greenhouse gas emissions. 

 

reduce

The government is trying to reduce expenses on welfare programs.

 

halve

The fertility rate has halved throughout the period.

 

shrink(縮まる)”や”dwindle(縮小・減少する)”も、文脈に合わせて使用できると効果的です。

  

 

「横ばい」のさまざまな表現

 

remain at the same level

The number of car export grew until the early 2000s, but it remained at the same level after that.

 

stay almost the same

The number of car export grew until the early 2000s, but it stayed almost the same after that.

 

level off

The number of car export grew until the early 2000s, but it leveled off after that.

 

remained (stayed) flat

The number of car export grew until the early 2000s, but it remained (stayed) flat after that.

 

 

 

「それぞれ」の便利な表現

 

respectively

Yumi, Shota, and Koki are 3, 4 and 5 years old respectively.

 

複数の情報を1つの文章にまとめる場合、”respectively”を使って完結に表現することができます。もし”respectively”を使わない場合、

 

Yumi is 3, Shota is 4 and Koki is 5 years old.

 

というように、くどくて冗長な文になってしまいます。”respectively”を上手に使うことで、表現の繰り返しを避けつつ洗練した文章を書くことができます。

 

 

最後に

 

ライティングの概要とTask1で使える表現は抑えられましたか?試験の概要と役立つボキャブラリーを覚えておくことは、ハイスコアを狙う上で重要になります。

 

自分が書いたエッセイ(英作文)を添削してもらいたい場合は、ベストティーチャーの「IELTS対策コース」がオススメです。無料体験もあるので、ぜひお試しください。

 

無料体験レッスンはこちらから