田所祥平 様

大学生はお金を払って勉強しない?そんなのおかしいと思いますね

大学生であっても、お金を払って英語の勉強をすべき理由をインタビューしてきました

インタビューのポイント!
  • ・長期的な投資とみれば、オンライン英会話の月1万円以下は安い
  • ・時間のある学生のうちに英語を勉強すべき
  • ・無料サービスはやらなきゃという気持ちが起きないのがダメ

英語を使って学ぶことが多い早稲田大学教育学部英文学科ですら、英語をアウトプットする機会が少ない。オンライン英会話は大学生にこそ最適、と言う早稲田大学教育学部英文学科の田所祥平様にインタビューしてきました。

Q1. 英語の勉強を始めたきっかけは何ですか?

高校の頃から、英語を学ぶのが好きでした。その時は、英語を使う仕事をしようと、漠然と考えていました。そこで、大学では教育学部の中でも英文科を専攻し、英文学、語学、音声学、ディベートなどを勉強しました。それらに取り組む中で、学ぶ側だけじゃなくて英語を教える立場にもつきたいと具体的に将来のことを考えるようになりました。そのためには、自分自身の英語力を高めていかないとダメだと感じ、特にスピーキングを中心に鍛えなきゃと思い、英語の勉強に取り組んでいました。

Q2.大学でも英語の勉強をされているのに、ベストティーチャーでも英語学習するのはどうしてですか?

大学の英語学習だけでは足りないと感じたからです。私は時間がある学生時代に英語をしっかり勉強しておくべきだと思っています。ただ、大学での勉強は、リーディングとリスニングのインプット学習が中心で、英文を読んだ後にディスカッションする時も日本語ばかりで、英語のアウトプット機会がほとんどなくて、まだまだ英語力が身に付いている気がしませんでした。そこで、多少お金を払ってでも、ベストティーチャーで、大学ではできない英語のアウトプット学習をしようと思いました。質の高い学習を受けるには確かにお金はかかりますが、長期的な視点で考えると月1万円以下の投資は安いと思います。あとは、無料の学習方法だと手軽過ぎて「やらなきゃ!」という気持ちにならないと思います。

Q3. なぜたくさんある英語学習の中でベストティーチャーを選んだのでしょうか?

自分自身の英語力を高めたいと思って、様々な英会話レッスンやオンライン英会話を調べて無料体験をして確かめていました。その中でも、ベストティーチャーが一番自分に合っていると思いました。他の英会話では、フリートークのものばかりで、ガッツリ英語の勉強をしたいと思っている自分にとっては、記録に残らなかったり方向性が定まっていなかったりして身にならないと感じました。ベストティーチャーでは、ライティングで自分の主張を整理してから、スピーキングで練習をするので、本当の英語力が身に付くと感じました。一度、就職活動に集中するために退会したのですが、時間ができてから、もう1回やりたい!と思っていたので、就職活動が終わったら、すぐに再開しました。1年ぶりに再開してみて、Skypeレッスン時間が長くなったり、レッスン数が増えていて、サービスがより使いやすくなっていて良かったです。

Q4. どのようなシーンやトピックを受講していますか?

まず、身の回りのことから説明できるようになりたいので、日常英会話を中心に受講しています。また、就職活動を終えたので、来年どんな仕事をするのかを説明したり、夏休みの予定について話をしています。

Q5. いつレッスンを受講していますか?

平日はライティングを中心に、休学にまとめてSkypeのレッスンを受講しています。平日の行きの電車の中で、スマートフォンを使ってwritingを何個か進めて、休日の朝6時くらいに起きて、Skypeレッスンをしています。朝に英会話をやって、その後、外に走りに行って、一日が始まるというのが習慣になっています。

Q6. Best Teacherに入学するか迷っている方へ一言お願いします!

ベストティーチャーは英語学習の明確な目標がある人にとっては最適のサービスです!単に英会話を楽しめるだけではなく、具体的にイメージされた目標を達成したい時に、ベストティーチャーでは自分でテキストを作るので愛着が沸き、モチベーションを保てるサービスだとも思います。

インタビューを終えて

田所さんは学生の時から明確な目標をもって英語学習されていてとても意識の高い方でした。ベストティーチャーは確実なアウトプットの機会を提供することができます。是非皆さんも無料体験から始めてみて下さい!

無料体験レッスンはこちらから