佐藤哲朗 様

リーディングとリスニングだけ伸ばしてきた人たちにとって、ベストティーチャーはぴったりだと感じます

今では寝起きにスカイプレッスンを受けられるほど、英語を話すことに抵抗がなくなった佐藤哲朗様にインタビューをさせていただきました

インタビューのポイント!
  • ・「英語なんて話せない」と考えている人が大多数だと思いますが、思い切って話してみたら絶対楽しい!
  • ・半年で100レッスンは受け、英語を話すことへの抵抗がなくなりました
  • ・今では目覚まし代わりにベストティーチャーのスカイプレッスンを使っています

Q1. 佐藤さんの英語学習のきっかけは何ですか?

お客様と進めている共同研究の内容を英語論文にまとめて発表することを目標に、2014年7月にボストンの語学研修に参加しました。英語学習から10年ほど離れていましたが、研修のときに英語を学ぶのが面白いと思い、帰国してからも英語力を維持したいと感じたからです。

Q2. 数あるオンライン英会話からベストティーチャーを選んだのは何故ですか?

スカイプだけのもっと安いオンライン英会話はありますが、自分の話した内容が合っているのか、間違っているのかが分かりませんでした。ベストティーチャーでは先にライティングを行い、スカイプで話す前に講師が添削をしてくれるので、自分の話したい英語を正しくアウトプット出来る点が良いと思います。また、共同研究の内容を英語論文にまとめて発表することが目標だったため、スピーキング能力と同時にライティング能力も上げたかったという理由があります。

Q3. どのようにベストティーチャーを利用していますか?

朝の6時にスカイプ授業の予約をしていて、先生からのスカイプの電話で毎朝起きています。朝に25分間英語を話すことによって、すっきり目が覚めますし、テンションも上がります。ライティングは通勤時間や会社の休み時間などの隙間時間にやっています。次の返信で何を書こうかな、と考えながら生活をしているのも勉強になりますし、講師の興味をいかに引ける内容を書けるかを考えるのも、実生活に活きるスキルだと思います。

Q4. 佐藤さんの英語学習方法とその成果を教えてください。

ベストティーチャーの他にはUmanoという英語のニュース記事をプロのナレーターが読み上げてくれるリスニングアプリを使っています。またHuluで海外ドラマを観ています。
入社時期にはTOEICの点数が800点代後半ありましたが、10年経ち5,60点落ちてしまいした。ベストティーチャーを始めてからは、半年でTOEICの点数が875点に戻りました。

Q5. 最後にベストティーチャーに入学するか迷っている方に一言お願いします!

スカイプ英会話は敷居が高いと感じる方もいらっしゃると思いますが、やってみたら絶対おもしろいです!僕もやる前は敷居が高いと思っていましたが、ベストティーチャーは先にライティングがあり、ロールプレイの形でスカイプレッスンがありますので、その点は他のスクールと比べて始めやすいと感じました。僕は今では朝の寝起きに英語を話し、英語への抵抗力がなくなりました。夜だと子供が起きてしまうので、朝にスカイプ授業を受けるのはおすすめです。

僕も含めて多くの日本人がそうだと思うのですが、学生時代は2技能(Listening,Reading)だけに特化した効率の悪い、あまり楽しくない勉強をしてきたのだなと感じました。最初から4技能(Listening,Speaking,Reading,Writing)をバランスよく伸ばす方が断然効率が良いと思います。英語は思い切って話してみたら楽しく、勉強の効率も絶対上がるはずです。スピーキングとライティングの練習が出来るベストティーチャーのようなサービスは、今まで2技能(Listening,Reading)を伸ばしてきた方にぴったりだと感じます。

インタビューを終えて

佐藤さんは大学を卒業されてから10年間は英語を勉強しませんでした。しかし、2014年のボストンでの研修をきっかけにベストティーチャーで再び英語学習を始め、今ではスカイプレッスンを寝起きで受けられるほど英語への抵抗がなくなったとおっしゃっていました。知らない外国人といきなりスカイプレッスンで話すのは敷居が高いと考える方も多いと思いますが、ライティングをしてからスカイプレッスンがあるベストティーチャーはその点始めやすいと思います。語学の学習では4技能をバランス良く伸ばすことが大切だと思います。思い切って英語を話してみたら、絶対に楽しいはずです。英語を話すことに抵抗を感じている方はぜひベストティーチャーを試してみてください!

無料体験レッスンはこちらから