このエントリーをはてなブックマークに追加
トップページ > The Japan Timesコース > 英字新聞を使った英語勉強法

書店やコンビニなどで英字新聞を目にすることは多くあると思います。ただ、英字新聞を実際に買った経験のある方は少ないのではないでしょうか?英字新聞は英語の勉強に最適です。どうしたらうまく英字新聞を使って英語の勉強ができるかをご紹介します。

英字新聞を使った学習法

まずはレベルに合わせて新聞を選ぼう

一言に英字新聞といっても、様々な種類があります。中でも一番有名なものはやはりThe Japan Timesでしょう。The Japan Timesは英字新聞の老舗的存在で、1897年(明治30年)から多くの人々に読まれてきました。しかし英語学習を始めたばかりの初心者にはまだ敷居が高いかもしれません。まだ英語を読むのに慣れていない方には「週刊ST」「毎日ウィークリー」「朝日ウィークリー」などの簡単な英語で書かれたものから始めていくのがいいでしょう。

次に英字新聞の見出しルールを知ろう

英字新聞の見出しには8つのルールがあります。このポイントを押さえると相当読むのが楽になります。

1. be動詞は省略

例えば「大統領が○○中」である場合、見出しでは”The President ○○”のようにbe動詞の”is”を省略します。

2. 冠詞、明らかにわかる目的語も省略

”a”や”the”などの冠詞、状況から明らかにわかる目的語、さらには見出しではピリオドも省略されます。

3. 過去の内容でも現在形を使う

「新型インフルエンザによって多くの人々が亡くなった」という内容なら”(The) New flu kills a lot of people”と、過去形killedの代わりに現在形のkillを用います。

4. 過去形は受動態

見出しの過去形は受身の内容を表します。”People injured”「人々が傷ついた」というようになります。

5. 未来の内容はto+動詞の原形

未来のことはwillやbe going toを使わず、to+動詞の原形を使います。

6. コンマ(,)とセミコロン(;)はandを表す

コンマとセミコロンは「なので、だから、したがって…」に置き換えましょう。

7. 短い単語を使う

見出しのスペース上、長い単語の代わりに同じ意味の短い単語が使われます。

8. 名詞だけ

これは慣れないと難しいです。”More riots”「さらに多くの暴動、発生」や”Factory pay cut”「工場における賃金引下げ」など動詞や形容詞が名詞で表現されることがあります。

記事の見出しと第一段落だけをかいつまんで読もう

見出しを理解できるようになったら、次は本文を読んでいきます。こつは「タイトルと第一段落だけをかいつまんで読んでいく」です。通常、英字新聞は逆ピラミッド構造になっており、タイトルと第一段落にはその記事の概要が凝縮されています。そこを読めば記事の大体の内容はつかめるため、記事のタイトルと第一段落を読んでみて興味が持てそうなら全文を読んでいく。見出しだけなら量はそれほど多くないので、辞書を使って意味を調べるのも覚えていくのも苦ではないかと思います。

そしてわからない単語の意味を調べ、理解したら今度はそれを実際に使ってみましょう。単語の記憶には5感を使うことが有効であるため、ベストティーチャーのWritingレッスンでその単語を使い講師の方に添削してもらったり、Skypeレッスンで実践してみてください。実際に使うことで、頭だけでなく体にも定着するでしょう。

まとめ:英字新聞で学習するメリット

英語を学習する方法は様々あると思いますが、英字新聞で学習するメリットには下記に集約されます。

大量にインプットできる

「言語習得には大量の理解可能なインプットが必要である」とアメリカの言語学者のクラシェン氏は述べています。また、それと同時に「対象言語のアウトプットはその言語の習得につながらない」とも指摘しています。つまり、このことから英語を習得するためにはまず理解出来るレベルのインプットを多くすることが前提として必要だという事が言えます。英字新聞には英語で書かれた多くの記事が掲載されており、自分のレベルに合ったものを選べばよりよく習得することができます。

自分の好きなものを選べるのでモチベーションが保てる

市販の教材は自分が実生活で使う表現、シチュエーションとは違う場合があります。しかし英字新聞はタイムリーな内容かつ政治や経済、社会やスポーツなど様々な内容を含んでおり、好きな記事を選べるというメリットがあります。例えばスポーツの面だけ読むとか、芸能欄だけ読むなども可能です。

リーディングとリスニングの両方の力を伸ばせる

パソコンやスマートフォンでVOAやCNN、BBCなどの英字新聞のWebサイトを利用する場合、記事をただ読むだけでなく動画も一緒に観ることができます。動画の内容をリスニングして、読んだ記事の内容を確認するという方法で、通勤時間や休憩時間などでの学習もできます。

記事を楽しみつつ、英語も身に付けられる英字新聞は素晴らしい英語学習ツールです。英語学習の一環として、毎日の生活に英字新聞を取り入れてみるのはいかがでしょうか。