このエントリーをはてなブックマークに追加

IELTS対策コースの紹介

トップページ > IELTS対策コースの紹介

海外大学・海外MBAを目指す方から大反響をいただいています

ベストティーチャー内のコース「IELTS対策コース」にお申し込みいただくことで、ジャパンタイムズが出版する『新セルフスタディ IELTS 完全攻略』(Anthony Allan著/片岡みい子訳)に掲載されている問題を元にしたレッスンが追加で受講できるようになります。IELTS対策コースは、アカデミック・モジュールを対象にしています。

見事海外MBAトップスクールに入学された方の合格体験記

池田

2015年度にお茶の水女子大学で実証実験が行われました

“IELTSスコア"

こんな方に最適のコースです!

  •  社費又は自費で海外のMBAに留学したいビジネスパーソン
  •  初めてIELTSの勉強を開始される方
  •  海外の大学に進学したい高校生
  •  海外の大学に編入したい大学生
  •  IELTS対策や海外留学を特色にしている中学校、高等学校、大学 団体申し込みはこちら
  •  海外留学させたい人材の教育を担当している企業の人事部 団体申し込みはこちら

IELTS対策コースの概要

IELTS対策コース

  • 受講可能なレッスン:
    • ジャパンタイムズが出版する『新セルフスタディ IELTS 完全攻略』(Anthony Allan著/片岡みい子訳)に掲載されている問題(スピーキングモジュール26問・ライティングモジュール15問、教材の購入は必須ではありません)
    • ベストティーチャーの既存の1,000以上のレッスン(通常コースと同一のレッスン)
  • 内容:ベストティーチャーのWebサイト上でWritingレッスンとSkypeレッスンが無制限に受講可能
  • 月謝:16,200円(税込)
  • 支払方法:下記の3つからお選びいただけます
    • クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB):1ヶ月ごとに毎月自動引き落とし、支払後はすぐにレッスンを受講できます
    • PayPal:1ヶ月ごとに毎月自動引き落とし、支払後はすぐにレッスンを受講できます
    • 銀行振込:3ヶ月分をまとめてお振込いただきます、弊社で入金確認後レッスンを受講できます
補足情報

・なかなかIELTS対策コースでスコアが出せない方から、初めてアイエルツを受講する方までオススメのコースです。他の対策サービスよりも低コスト(時間的・金銭的)で、アイエルツのアカデミック・モジュールのスピーキングモジュールとライティングモジュールを攻略してもらうことを目的に提供しています
・無料体験では、アイエルツのスピーキングモジュールとライティングモジュールの全問題形式の中から1レッスン受講できます

1. 新規でBest Teacherに会員登録される方

新規会員登録から会員登録を行います。

■コース選択画面において、「IELTS対策コース」を選択します。

course-select

■IELTS対策コースの無料体験では、Writingレッスンが1回、Skypeレッスンが1回受講できます。

レッスン選択画面

■Writingレッスンが終了した後は、25分間のSkypeレッスンを受講できます。

skype

■無料体験ではWritingレッスンとSkypeレッスンをそれぞれ1レッスンのみ受講できます。続けて他のシーンでも受講されたい場合は、有料会員登録ページから月謝をお支払いください。

pay

■有料会員登録後は、IELTS対策コースは『新セルフスタディ IELTS 完全攻略』(Anthony Allan著/片岡みい子訳)に掲載されているスピーキングモジュールとライティングモジュールの問題をすべて受講できます。

2. 既存のBest Teacherの無料会員の方、有料会員の方

現在お持ちのベストティーチャーのアカウントとは別に、「IELTS対策コース」用のアカウントを作成する必要がございます。新規会員登録より、現在お持ちのアカウントに登録しているメールアドレス以外のメールアドレスを使用して会員登録ください。

重要なお知らせ:2016年春からIELTS対策コースの受講者が急増しておりますが、ベストティーチャーは通常のIELTS対策とは全く異なるコンセプトです。

ベストティーチャーのIELTS対策コースでは、スピーキング問題でもライティング問題でも自分の回答を一度書いて講師に添削してもらい、それをもとに講師と英会話をするというレッスン自体が最高のIELTS対策コースであるという考えで運営しています。講師はIELTSの概要は理解しておりますが、IELTSの専門家ではありません。本質的な4技能学習を行うという観点から、講師は試験の専門家である必要はないという考えです。

書籍はこちらから購入できます