このエントリーをはてなブックマークに追加

向上するビジネススキル ベストティーチャーの研修により、プレゼンや交渉、電話対応など身につけたいビジネススキルが向上します。

トップページ > 法人向けサービスのご紹介 > 向上するビジネススキル

社員に必要なスキルを重点的に学ぶことができます。ベストティーチャーはただの英会話研修ではなく、ビジネスでの成功をサポートするプログラムになります。

ミーティング | プレゼンテーション | 交渉 | 海外出張 | Eメール | 英語面接 | 電話応対

ミーティング

ミーティングにおいて積極的にコミュニケーションを取るために必要な英語力を身につけます。

外国人の方を含めた国際的なミーティングにおいては、日本の会議と違い、発言者が決められていない場合が多く、より積極的であることが求められます。ミーティングで積極的に発言してミーティングを進めていくためには、事前に実践演習をして、欧米型のミーティング形式に慣れ、自信をつけておくことが必要です。

ベストティーチャーでは、実際のミーティングの様々なシーンを想定したレッスンをご用意しています。自信のないシーンを集中して学習することを可能にすることで、効率的にミーティングで使える英語力を身につけていただきます。

参考:ビジネス英会話 上級 「自分の意見を述べよう」

ミーティング

プレゼンテーション

英語でのプレゼンテーションを行う上での基礎知識の習得から実際のビジネスシーンを想定した実践演習までを行います。

経済のグローバル化に伴い、英語でプレゼンテーションをする機会は増加してきています。しかし、日本人は英語力が低く、英語でのプレゼンテーションをうまく出来る人は多くありません。また、社会人はまとまった時間が取りにくく、英語でのプレゼンテーションに特化した学習を個人で行うことが難しくなっています。

ベストティーチャーでは、空いた時間を有効活用したより実践を意識したレッスンにより、実際のビジネスの場面で使えるレベルまでプレゼンテーションスキルを向上させます。

参考:ビジネス英会話 中級 「提案書について説明してみよう」

プレゼンテーション

交渉(ネゴシエーション)

効果的な英語での交渉(ネゴシエーション)を行うためビジネススキルを実際のビジネスシーンを想定した実践演習により向上させます。

ビジネスにおいて交渉はつきものです。非常にプレッシャーのかかる交渉の場面で自分の意見を伝えることは日本語でも難しいと思います。交渉において自信を持って英語で意見を発信するためには、実際の交渉を模した演習を繰り返して自信をつけることが効果的です。

ベストティーチャーでは、取引先のとの価格交渉や見積もりを引き合いに出して仕入れ業者と交渉するシーンなど、具体的なシーンを想定した実践練習を繰り返すことで、英語でのネゴシエーションスキルを向上させることができます。

参考:ビジネス英会話 上級 「取引先と価格交渉をしてみよう」

ネゴシエーション

海外出張

海外出張時の、飛行機やホテルの手配や現地視察などのシミュレーションを行うことができます。海外出張前に慌てて英語の勉強をする必要がなくなります。

ビジネスメール

実際のビジネスシーンでメールを書く上で必要な知識を習得します。

日本の会社のグローバル化にともない、海外とのメールでのやり取りも増えてきていると思います。Emailとはいえ気を抜くことは許されません。ビジネスメール特有のマナーを身に付け、TPOをわきまえて、相手の立場に立って文章を作成し形式を整えることが必要です。

ベストティーチャーで様々なシチュエーションのEmail作成を実践してビジネスメールのスキルを向上させることができます。

英語面接

海外のエンジニアを採用する場合や、現地法人の代表の方が現地人を採用するときのシミュレーションが可能です。求職者に志望動機を質問したり、長所短所を聞くことなどができるようになります。

電話応対

ビジネスシーンにおける英語での電話応対のスキルを実践演習を通じて身につけてもらいます。

実際に対面して英語で会話するのと違い、電話対応ではボディーランゲージを使うこともできず、相手の表情もわからないため、より的確な英語でコミュニケーションをとることが求められます。

ベストティーチャーで様々なシーンを想定して実践演習することで電話対応の基礎を身につけていただきます。

参考:ビジネス英会話 初級 「他部署の同僚に内線をかけて情報交換をしてみよう」

電話対応

日本の会社のグローバル化に伴って日本だけでなく海外でも使える英語でのビジネススキルを社員が身につけることが必要になってきています。ビジネススキルは一長一短に身につけられるものではなく、時間をかけて練習を重ねることが重要です。