このエントリーをはてなブックマークに追加

愛和小学校様 多摩市立愛和小学校の6年生の全生徒の方に、ICTを利用した英会話授業を受講していただきました


Hi, friends!に準拠したマンツーマン英会話授業をICTを活用して実施

2015年1月~3月に多摩市立愛和小学校で英会話授業を実施しました。愛和小学校は一人一台iPadを導入している小学校であり、「学ぶ事への集中力」、「人前で発表する力」、「協働学習のやり方」などを身につけさせることに成功しています。今回の授業では6年1組の全生徒が受講されました。

ICTを活用したマンツーマン英会話授業の概要

  • 開催日:2015年1月14日(水)、28日(水)、2月4日(水)、25日(水)、3月3日(火)の計5回
  • 受講者:6年1組の生徒8名
  • 授業内容:Hi, friends!1,2 に準拠
    • 第一回:「アルファベットを学ぼう」
    • 第二回:「数字と月を学ぼう」
    • 第三回:「できることとできないことを話せるようになろう」
    • 第四回:「将来の夢を話せるようになろう」
    • 第五回:「自分のことについて英語で紹介してみよう」

※生徒用配布資料はこちらのHi, friends!に準拠した小学校向けのICTを活用した授業支援プログラムから閲覧できます。

「将来は自分から英語を使ってみたい」など英語への興味関心が高まる

初回授業はまだ外国人講師と英語で話すのに抵抗がありましたが、全5回の授業を経て自分のことについて会話ができるようになり、授業を楽しんでいる様子が見受けられました。授業実施前アンケートと実施後アンケートでは次のような結果となりました。

Q. 英語で外国人とコミュニケーションするのは楽しいと思いますか?

■ほぼ全員が英語でのコミュニケーションを楽しいと感じるようになった。「思わない」「全く思わない」の回答はゼロ。

Q2回答

Q. 将来、積極的に自分から英語を使ってみたいと思いますか?

■授業実施後は全員が「とても思う」「思う」と回答。

Q3回答

今回の授業を通して、今まで苦手意識のあった英語でのコミュニケーションに対して興味関心が高まったことがわかります。ALTによる授業と異なり、ネイティブ講師とのマンツーマンの授業だったため生徒の発話機会も多くなったこと、講師も目の前の生徒に合わせて授業を行えたことにより英会話へのモチベーションが高まったのだと思われます。

受講した生徒の声

Aiwa2

英会話授業実施前

発音が難しい…(男子)

男子1男子

ずっと話すのは初めてだから不安…(男子)

男子2男子

英語は難しい…(女子)

女子1男子

英会話授業実施後

楽しいけど話すのは少し苦手。でもおもしろいから好き。(男子)

男子3男子

英語が話せればより多くの人と話せると思う。(男子)

男子4男子

大人になっても英語はつかうのですごく大切だと思う。(女子)

女子2女子

英語は難しい、と授業前は英語に対して苦手意識を持っていたのにも関わらず、授業を進めていくにつれて自分からネイティブ講師に質問をするなど、授業に対しアクティブに取り組む様子が見受けられました。

今回のICTを利用した英会話授業では英語に対する興味関心が強くなった生徒が多く見られ、普段の正課授業や課外授業などへのプラスの影響が期待できます。